本とダイアリー

金曜日あたりに更新していきたいな。

【日記】コーディング学習におすすめのサイト

Web上で見つけた(恐らくとっても有名なので私が知らなかっただけだが)コーディングの勉強に役立つWebページを書き記します。備忘録です。すべて英語です。

ちなみに、私はこれらを全て終わらせたわけではないです。まだまだ1%くらいです。ですが感動してるので書いてます。全て終わったらまたブログ書きます。

 w3schools

Webページの根幹となるHTMLとCSSはもちろん、Webに関係するプログラミング言語(JavaScriptやPHPなど)、さらにデータサイエンスに使用されるPythonやRなどのチュートリアルが勉強できるサイトです。

言語それぞれのチュートリアルは市販の本一冊に肩を並べるほどの情報量ですし、引けを取らないほど分かりやすいです。

それに(すべての言語にあるわけではないけれど)クイズや穴埋めエクササイズも充実しているので、基礎を学びながら実際にコードを書いて勉強できるというのも良いです。

www.w3schools.com

freeCodeCamp

こちらは言語ごとの学習ではなく、Webサイト製作の基礎から機械学習まで難易度別に、段階的に学習できるとても良いサイトです。

こちらは自分でエディタや統合開発環境などをインストールする必要はなく、サイト内でコードを書いて答え合わせができるというのが良い点だと思います。まるで先生が教えてくれてるみたいな気持ちになります。

Webサイトを製作する上で必要な言語だけでなく、それを運用するために必要なセキュリティの話などもあるので、とても勉強になります。

www.freecodecamp.org

 

w3schoolsとfreeCodeCampの二つを使うと、Web製作の基礎はほとんど網羅できると思います。

HTMLとCSSの基礎を学ぶために本を一冊買って、実践的な製作方法を学ぶためにもう一冊買って、JavaScriptの勉強のためにもう一冊本を買って、と繰り返すと、これらのサイトと同等の情報を得られるためには恐らく2~3万円ほどかかると思います。6~8冊くらい。でもそれが無料で手に入るのです。とてもびっくり。

本が劣ってるというわけではないです。無料で手に入れられる情報は可能な限り無料で入手した後に、さらに高度な情報を手に入れるために難しい本を買ったり有料のスクールに通ったりした方が財布にやさしいと思います。

codewars

最後に、プログラミング言語の知識をさらに固めるためのドリルがたくさん公開されているサイトを紹介します。こちらはカタと呼ばれるミニクイズを繰り返してスキルを磨いていきます。HTMLやCSSはありませんし、ちょっとニッチな言語も多いので最初はびっくりしますが、習いたい言語が見つかるととても役に立つサイトに違いないです。

ゲーム性も高いので、学びながら遊べるのも良い点だと思います。

www.codewars.com

 

今回記したサイトは全て英語です。そこがちょっといや~なところですが、英語の勉強も兼ねると考えるといいかもしれません。このサイトを全て読み切ったら、恐らく英検準1級~1級はさらりととれると思います。

それではまた明日。おやすみなさい。