本とダイアリー

金曜日あたりに更新していきたいな。

【日記】[シモネタ注意]あいつらふたたび

お風呂場。デリケートゾーンを洗うためしゃがんでいた時のこと。気配を感じる。いてはいけないところに。そう、イボンヌ1世である。

(便宜上名前を変えてお送りします。イボだからイボンヌです。1番最初に発覚したヤツです。気づいた方もいるかと存じますが、今日のブログは綺麗な話ではないです)

 

2週間前から毎日欠かさず飲み薬を服用し、注入軟膏をがんばって使用していたのにも関わらず、なぜそんなに外界にでたがるのか。

 

「あら、こんにちは!今日もお会いしましたわね。あら、外はこんなにも明るいのね!」

 

とでも言わんばかりの元気良さ。勝手に出てきて、勝手に暴れる天真爛漫なその性格は、友達にはしたいが、イボには必要のない要素である。

 

イボンヌ2世を見習っていただきたい。

 

2世は内気な性格のためか、あまり外界と関わりを持とうとしない。いや、彼らは本来いてはならない存在であるし、仮にいたとしても外に出てきてはいけない。しかしイボンヌ1世という問題児の隣では、イボンヌ2世はおしとやかに見える。

 

しかし、甘くみてはいけない。怒ると怖いのである。あたり一面わめき散らかし、壁に頭を打ち付けるほど騒ぐのである。わたしはただ、のたうち回ることしかできない。

 

それだけではない。異なる家系ではあるものの、もう一人登場人物はいるのである。キレジニーナ1世(キレジだからキレジニーナである。これまた特筆すべき理由などない。音感のみで名付けた名である)はとてもやさぐれており、壁にナイフで切り込みを入れることに人生の価値を見出している。

 

家主としては、この3人の身勝手な行動はやめていただきたいが、共通する言語を持たぬもの同士意思の疎通はうまく行った試しがない。

 

わたしはしばらく3人と仲良く暮らしていくしかないのである。この3種類の痔と。

 

仕事で疲れた頭では、こんなへんてこりんな文章しか書けません。

それではまた明日。おやすみなさい。