本とダイアリー

金曜日あたりに更新していきたいな。

【日記】教科書

ブログを書かずに寝るところでした。

 

本日は休日なので、朝からゆっくり起きて勉強してました。近頃は本を読んでおらず、ずっと教科書とにらめっこしています。そろそろ本の感想などを書きたいです。純粋に小説が読みたいというのもあります。

 

教科書を読みながら感じたことなどを。

 

教科書の文章も、人が書いたものです。その人の色が出ます。

 

まるで個別指導をしてくれるように話す文章や、情報をなるべくいじりたくない一心で難しい説明になってしまってるおちゃめな文章も。

全てがわかりやすいことはないですが、全て愛おしいです。

 

教科書の良さは、行間に見え隠れする筆者の性格です。そこに気を取られると肝心な書籍の内容が入って来なくなりますけれども。

 

巷ではよく「良い教科書」「悪い教科書」という分類がなされてます。「悪い教科書」ってなんでしょう。

書かれている内容が誤っていたり、必要な情報が抜けていたりするのは良くない。それは良くない!

でも、そんな理由を除けば「悪い教科書」は無いと思います。「自分に合わない教科書」はあっても「万人にとって悪い教科書」は無いと思います。書籍の出会いも人の出会いも大して違わないと思います。自分が良いと思う本を手に取るのが良いですし、その本が「良い教科書」です。

 

睡魔と戦いながら書きました。

それではまた明日。おやすみなさい。